参列できる人数は? | 人生に一度の結婚式は伝統的な挙式である神前式で挙げませんか?

人生に一度の結婚式は伝統的な挙式である神前式で挙げませんか?

参列できる人数は?

式当日の男女

結婚式は人生に一度しか味わうことができない特別な瞬間なので、できるだけ多くの人に祝ってもらいたいと思っている人は東京にもたくさんいることでしょう。
結婚式と聞いてぱっと思い浮かべるのは家族や親族だけでなく、親しい友人も呼んだ華やかなもののため、結婚式といえば華やかなものと考えている人は多いと思います。
たくさんの人に祝ってもらいたいと考えた場合、気になってくるのが神前式では参列可能な人数はどれくらいになるのかといったことですよね。
神前式は家族や親族以外の人たちも呼んで、華やかに行うことができるのでしょうか。

神前式で結婚式を挙げる場合、会場は神社になりますが、さらに具体的にいうと神社の神殿で行われることになります。
神殿に入ることができる人数は限られており、新郎側と新婦側を合わせても30名から50名程度の人数しか入ることができません。
教会式の結婚式ではもっと多くの人を呼ぶことができるので、教会式の結婚式に比べると神前式で呼ぶことができる人数は少ないのです。
そのため参列できるのは両家の両親や血縁関係の近い親族などが中心で、親族以外の人たち、つまり友人などはあまり呼ぶことができないので注意しましょう。
ですが、神社によっては、より多くの人が参列できるように何らかの工夫をしてくれているところもありますので、具体的な人数は聞いてみるのが一番手っ取り早いといえます。
少し面倒に感じるかもしれませんが、神前式でできるだけ多くの人に参列してもらいたい場合は、しっかり神社側に確認を取りましょう。


HOME | 神前式の特徴は何か | 参列できる人数は? | 神前式のポイントは何か
© 人生に一度の結婚式は伝統的な挙式である神前式で挙げませんか?